桜内ふみき 公式サイト | ページ 2 | 元衆議院議員 | 愛媛4区 (小選挙区・愛媛)
未分類

コロナ対策、具体策あります。「交付国債」の威力とは?

新型コロナウィルスの影響で、今は日本の一大事。そんな困った時こそ政治家の出番です。しかし、政治家の皆さんはお金を「出さない」話ばかり。「交付国債」を利用すれば、個人向けの所得補償も事業者向けの粗利補償もできます。裏付けのある具...
未分類

テレビ愛媛で報道されました!

衆議院解散総選挙が迫る中、愛媛4区の3人の立候補予定者についてテレビ愛媛で報道されました。僕も最後に登場してますので、ぜひ下記をクリックして動画を御覧ください!!!
未分類

共著「監査領域の拡大を巡る問題」が出版されました!

この程、同文館出版から日本監査研究学会リサーチ・シリーズXIXとして「監査領域の拡大を巡る問題」が出版されました。 僕の担当は、第12章「海外の非営利組織の監査制度(監査の利活用を含む)の事例研究を通じた, 日本における...
未分類

救国の叫び‼『交付国債』による財政金融一体の政策

連日、愛媛4区全域を地を這うように歩いています。自分の足で歩いたあいさつ回りも、昨年からの累計で12万軒を超えました。毎日の街頭演説も千回を遥かに超えました。 今、一番力をいれているのは、コロナ禍での「経済と感染封じ込め...
未分類

【更新あり】政府の新型コロナワクチン接種状況について

官邸ホームページでの情報開示 政府の新型コロナワクチン接種状況が「官邸ホームページ」で公表されている。毎日更新されているので、随時確認していただきたいが、本日(2021年4月21日現在)の状況は以下の通りである。 医療...
未分類

交付国債を用いた財政・金融一体の政策

交付国債による現金支給案 ワクチン接種が完了するまでの間、①ロックダウン(都市封鎖)等による感染封じ込めと②経済活動の両立を目的として、政府債務とはならない特殊な国庫債券である『交付国債』を用いて年間最大110兆円規模の現金支給を行...
未分類

マクロ経済学におけるパラダイムシフト

パラダイムシフトとは、本来、科学史及び科学哲学上の概念であるが、一般的には『その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化することをいう。パラダイムチェンジともいう』(Wiki...
未分類

2021年3月21日 南予の桜並木

街頭演説ツアーの途中、西予市宇和町明間で約2㎞にわたる桜並木を見かけました。まだ7分咲きといったところですが、壮観です‼
未分類

金利とは何か?

金融政策、危うい均衡 米長期金利上昇が招く新興国利上げ: 日本経済新聞 (nikkei.com) 本日(3月20日)の日経記事で『日米欧の中央銀行が19日までに金融緩和の継続を相次ぎ表明した。米国は大規模な経済対策もあり長期金利が急...
未分類

2021年3月6日(土)伊予市民有志主催立会演説会

2021年3月6日(土)に開催された「伊予市民有志主催立会演説会」での桜内文城の所信演説です。前のバージョンでは、動画音量が小さく、スマホでは聞きづらいとのご指摘をいただきましたので、音量アップして編集したバージョンを改めて公開します。 愛媛4区立候補予定者3名による全体の動画は、以下のリンクからご覧になります。 https://youtu.be/U3pTORbThzM​ それぞれの違いが明らかですので、こちらも是非ご覧いただければ幸いです。
タイトルとURLをコピーしました