プロフィール | 桜内ふみき 公式サイト

プロフィール

わたしは愛媛の南予というところに生まれ育って、こんなふうに前を向いて歩き続けてきました。
これからも皆さんといっしょに、常に前進し続けます。

🌸誕生〜高校

1965年10月旧吉田町で、谷岡武城(旧一本松町出身)と津矢子(松野町出身)の元気な赤ん坊として生まれました。
小学校は宇和島市立明倫小学校 8歳のとき、神田川の上流に亀を捕まえに行き、割れたガラス瓶で足の裏を10針も縫う大怪我を負う。但し、家に帰り着いて血だらけの靴を見るまで気付かず、子供ながら神経の図太さを証明。
中学は宇和島市立城東中学校 ひたすら剣道に打ち込みました。
高校は愛媛県立宇和島東高校 ひたすら受験勉強に打ち込みました。でも、失恋もしました。
宇和島に帰ってきて、ちょっぴりほろ苦い思いもしましたが、幼なじみや同級生、先輩・後輩の有り難さが本当によくわかりました。みんなには心から感謝しています。

🌸大学

東京大学法学部 憲法学をがんばって勉強しました。初めての一人暮らしは杉並区の安アパート。アルバイトとして家庭教師にも挑戦しましたが、予備校や塾に行った経験もなく、受験テクニックを何も知らなかったため、「難問といえども気合いで解け!」とか言っていたらすぐに解雇されました。仕方なくファーストフード店の夜間清掃など体力勝負のアルバイトに精を出すことに。隣の貧乏学生と風呂屋で意気投合し、風呂上りの一杯を楽しむ余裕も。
東大法学部在学中は、剣友会に所属し、再び剣道に励む一方、口下手を直すために弁論部に入り、数多くの弁論大会に参加しましたが、今でもあまり直っていないかも、、、です。

🌸社会人として

大蔵省(現・財務省) いっしょうけんめい働きました。まさに地獄の忙しさで、入省以来丸二年間、帰宅は午前零時過ぎが当たり前という日々が続きましたが、、自分に与えられた仕事の一つ一つが国民のためになるという実感があり、優れた上司にも恵まれていたため、ほとんど苦労を苦労とも思わずにがんばり通すことができました。
留学〜2002年、研究者としてアメリカ ハーバード大学大学院(修士) 政治学を勉強しました。ハーバード大学に剣道部が創設され、その初代部長として指導に当たりました。

マレーシア 国立マラヤ大学大学院(博士) 政治経済学を勉強し、元国王から直接卒業証書を授与されました。2002年からは、新潟大学経済学部にて公会計の研究をしました。国会にも何度か呼ばれて、専門分野のお話しをしました。

🌸結婚

妻・友子(故・桜内義雄の孫娘)と2001年11月に結婚。2002年9月には長女の友美子が生まれ、また2007年11月には長男元城に恵まれました。

🌸政治家へ

2007年、故郷に帰ってきました。そして2010年、皆さんの温かいご支援で参議院議員として、2012年衆議院議員として、国政へ送り出していただきました。

詳細な経歴は下記の記事で記載しております

タイトルとURLをコピーしました